海外FXと国内FX徹底比較!どっちが優れているのか。

海外FXって危険じゃない?安全性について徹底討論 の記事でもご紹介しましたが、海外FXについてはネガティブなイメージをもたれているかたもいらっしゃるのは事実です。

しかしながら、海外FXは業者選びを間違わないことと、取引ルールをきちんと守ることでトレーダーにとってはメリットが大きいことも分かりました。

それでは実際に海外FXと国内FXではどちらがトレーダーにとってはより良い環境で取引ができるのでしょうか。海外FXと国内FXを3つのポイントに絞って比較してみました。

MAX85_searchsa20140531_TP_V

海外FXと国内FX比較①資金効率

国内FXの場合、個人口座でFX取引をする場合にレバレッジは25倍ですが、海外FXの場合は日本国内のレバレッジ規制が入りませんので、25倍以上で平均400から500倍もの高レバレッジで取引ができるようになります。

ハイレバ取引は海外FX最大の魅力!ハイレバ取引のメリット一覧 の記事で詳しく紹介させていただいていますが、ハイレバレッジ取引の一番の魅力は少ない資金で大きなポジションを持つことができるため、10pips程度の値動きでも大きな利益を出せる可能性がありますね。

また、国内FXは今後金融庁のレバレッジ規制が個人口座だけでなくハイレバレッジ取引が可能であった法人口座にも及ぶという動きもあります。

MAX87_guragurasuru20140531_TP_V

まだ金融庁の正式な規制通達はでていませんが、国内FX業者大手の外為ジャパンも2016年3月下旬から法人口座のレバレッジを今までの最大200倍から100倍へ変更、ヒロセ通商も同じく100倍への変更ということでレバレッジを下げてきているのが現状です。

資金効率がよいのはハイレバレッジ取引が可能な海外FXだといってもよいでしょう。今後も国内FXの規制拡大には注意が必要です。

海外FXと国内FX比較②取引の透明性

海外FXと国内FXではトレーダーが出した注文の処理方法が異なります。

詳しくはECN口座って?海外FXならではの取引方法を詳しく解説 の記事で、海外FXはNDD(ノーディーリングデスク)方式で国内FX業者はDD(ディーリングデスク)方式であることを説明しましたが、国内FXの場合は間にDD(ディーリングデスク)つまりFX業者が仲介としてトレーダーとインターバンクの間に入っています

FX業者の仲介が入る注文か、入らない注文かで取引の透明性は大きく変わると言っていいでしょう。国内FX業者の場合は、FX業者が一度トレーダーの出した注文を「呑む」ことになりますので、FX業者の裁量でトレーダーの注文がリクオート(約定拒否)や「ストップ狩り」されてしまうことがあります。

MAX86_ugegege20150207110830_TP_V

対して海外FX業者はトレーダーの注文をそのままインターバンクへ流すので、FX業者の思惑なくトレーダーの出した注文を通すことができるのです。

取引の透明線の面を見ても、より透明性が高い取引を提供しているのは海外FX業者ですね。

海外FXと国内FX比較③取引の安全性

冒頭でも触れたとおり、海外FXに対しては「危険」ではないかというイメージがどうしてもあります。確かに資金を持ち逃げされるような海外FX業者の事件もありますが、信頼できる業者を選ぶことと、その業者の取引のシステムや資金の保全管理の仕方などを事前にチェックしておくことで回避ができる問題です。

国内FX業者では顧客の資産の信託保全は義務化されていますが、海外FX業者は業者ごとに任意ですることになっています。そして実際に海外FX業者でも顧客の資金を分別管理している業者もありますし、上限を定めて保全してくれる業者も増えてきていますね。

取引の安全性については、国内FXのほうが信託保全の義務化によってより安全と言っていいでしょう。ただし、海外FXが危険ということではなく、FX業者選びによって安全性が全く変わります。海外FXと国内FXの2つで他のメリットもみながら総合的な判断が必要になってきますね。

UNI16040516IMG_0017_TP_V

海外FXと国内FX比較まとめ

いかがでしたでしょうか。3つのポイントで海外FXと国内FXの比較をしていきましたが、最後に2つの比較をまとめると、

  • 海外FX・・・資金効率が高く、透明性も高い取引ができる

ただし業者の選び方に注意することと、海外FXのトレードのルールを守ることが必要

  • 国内FX・・・信託保全されているため、自分の資金を安全に保持できる

ただし資金効率が海外FXと比較して低く、透明性も比較して低い

海外FXは特にこれから日本のレバレッジ規制が進んでいく中、検討の価値がありますね。

海外FXの約定力は?リクオートとはもうおさらば?

FX業者を選ぶ上でのポイントは取引コストであるスプレッドがどれだけ狭いか、ということもありますが、もう1つ重要なポイントがあります。

それは「約定力」です。

自分が出した注文が自分の注文したい価格どおりに決まるかどうかということは、トレーダーにとっては非常に重要なポイントですね。

max16011542-2_TP_V

約定力が低いと何が起きる?

国内FX業者で取引をしていて、注文どおりの価格で約定できないことはないでしょうか。

例えば、ドル/円の取引で1ドル110.000ちょうどで「買い」の注文を入れたとします。ここで約定力が低いと、110.020など価格がずれた状態で注文が成立してしまうでしょう。これを「スリッページが発生する」、トレーダーの間では価格が「滑る」と言われています。

稀に得をするスリッページも発生するようですが、大抵の場合は「滑って」しまうと希望価格どおりの注文が成立しないわけですから、その差分だけトレーダーは損をしてしまうことになりますね。

MAX86_ugegege20150207110830_TP_V

国内FX業者でも取引ツールの設定でスリッページの許容範囲を設定することも可能です。しかしながら、価格は滑らないに越したことはありません。海外FX業者の場合はどうでしょうか。

海外FX業者の約定力は?

結論から言いますと、海外FX業者は高い約定力を持っている業者が多いです。例えば、海外FX業者で一番人気の「XM」は公式サイト上でも99.35%の取引が1秒以内に約定されるとうたっていますし、国際ブローカーの「AXIORY(アキシンオリー)も公式サイトで約定率(スピード)を開示していますね。

また、海外FX業者が高い約定力を公にできる理由としては、国内FX業者と違いNDD(ノーディーリングデスク)方式を採用していることがあります。※NDD方式についてはECN口座って?海外FXならではの取引方法を詳しく解説 の記事で詳しく解説しているのでチェックしてください。

特に「ECN口座」の取引においては、実際に売買を行いたいトレーダーやファンドなどが「電子取引所」に集まって直接売買をおこなっていることも大きなポイントになってきます。

国内のFX業者であればDD(ディーリングデスク)方式で間にFX業者(仲介業者)が入るので、ワンクッションタイミングが遅れてしまいますが、海外FX業者のNDD方式ですと直接売買になるのであとはトレーダー自身の取引環境やFX業者が用意しているプラットフォーム次第になりますね。

NOU86_tokainonagame_TP_V

海外FX業者はリクオート(約定拒否)はある?

海外FX業者は取引方式が国内FX業者と異なることから、高い約定力があることが分かりました。さらにここで、海外FX業者は「リクオート無し」という嬉しいメリットもあります。

「ECN口座」の取引においては直接取引になるという説明をしましたが、つまり直接取引になるということは買い手と売り手がいる状態での取引になりますので「リクオート(約定拒否)無し」を実現できるというわけです。

またこれが国内FX業者になると相場の急変時などは特にリクオートが発生しやすい状況になります。DD方式はFX業者が仲介に入りますので、トレーダーの納得がいかないリクオートも発生するでしょう。

MAX87_guragurasuru20140531_TP_V

約定力の高い海外FX業者でリクオートともおさらば!

いかがでしたでしょうか。より透明性が高く、トレーダーが納得できる取引をするならば、NDD方式はもちろん約定力が高くまたスプレッドが狭い海外FXを業者を選んでいくことが大事になりそうですね。

ハイレバ取引は海外FX最大の魅力!ハイレバ取引のメリット一覧

国内のFX個人取引でレバレッジが25倍に規制されてから、高いレバレッジでの取引ができる海外FX業者の利用に注目が集まるようになりました。

日本国内の規制を大きく上回る100倍、500倍といった取引が可能になっている海外FX業者。

今回は海外FX業者で可能なハイレバレッジ取引の魅力とメリットについてご紹介させていただきます。

max16011508-2_TP_V

国内FX業者で取引すると?

海外FX業者のハイレバ取引の説明の前に、まずは現在日本国内のFX業者で取引した場合、どのようになっているのか、資金が増やせるのかということについて触れてみましょう。

現在日本のFX業者の個人取引に対するレバレッジ規制は最大25倍となっています。(※国内FX業者でも法人口座の場合は規制の対象外)

例えば1ドル100円として、レバレッジ25倍で1万通貨のポジションを持つためには4万円の証拠金をFX口座に入金しておかなければなりません。簡単に計算すると、1万通貨で約1円(100pips)動けば、約1万円の損益が発生することになります。

PPC_1manensatu4mai_TP_V

ただし、短時間で100pips動くということは経済指標のサプライズや有事のとき以外は滅多にあることではありません。もっと幅の狭い値動きで多くを稼ごうと考えるならば、その分証拠金も追加する必要があります。

10pipsの値動きで1万円稼ぎたいと考えるならば、10万通貨での取引で証拠金は10倍になりますので40万円必要です。40万円といえばちょっと簡単にポンと出せる金額ではないですし、特にFX初心者にとってはいきなり口座に40万円も入れるのは万が一を考えて躊躇してしまいますね。

海外FX業者で取引した場合は?

国内のFX業者はレバレッジ規制の対象となり、個人取引は最大25倍のレバレッジ。証拠金が少なければその分しか取引はできませんし、利益も限られてきます

対して海外FX業者は日本国内の規制を受けませんので、数百倍といったレバレッジで取引が可能です。つまりは少ない資金で大きな取引(ハイレバ取引)ができるということですね。

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

また、海外FX業者は追加証拠金がなしになる「ゼロカットシステム」を採用しているところがほとんどですので、相場の急変によって証拠金がマイナスになるという事態もありません。

「ゼロカットシステム」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

海外FXは追証ない?ゼロカットシステムとは

海外FXのハイレバ取引のメリット

それでは早速海外FX業者のハイレバ取引のメリットについてご紹介していきましょう。

メリット①少ない証拠金で取引できる!

1ドル100円としたときに、1万通貨を売買するためには国内FX業者のレバレッジ25倍を最大使ったとしても証拠金は4万円必要です。

対して海外FX業者の場合、25倍以上のレバレッジをかけることが可能になるためもっと少ない証拠金で1万通貨が売買できるようになります。例えばレバレッジ100倍の場合で計算すると、証拠金は1万円になりますね。

メリット②ハイレバのほうが稼ぎやすい!

海外FX業者の場合ハイレバのおかげで必要証拠金が少なくなることが分かりましたが、実はハイレバ取引のほうが利益をだしやすくなります。

どういうことかというと、例えば1ドル100円でトレーダーの資金が10万円だったとしましょう。レバレッジ25倍の国内FX業者で取引をした場合、リスクも考えて1~2万通貨の取引が上限になります。

1万通貨だと100pips(約1円)為替が動かないと1万円稼ぐことはできません

海外FX業者で400倍のレバレッジで取引ができたとするとどうでしょうか。トレーダーの資金が10万円の場合、1ドル100円で最大40万通貨の取引が可能になります。リスクを考えて10万通貨でトレードしたとしても、海外FXの場合は10pips(0.1円)の動きで1万円稼ぐことができますね。

海外FXのハイレバ取引のおかげで資金の効率がよくなり、より稼げる機会も増えそうです。(ただしその逆もあることについては注意が必要ですね。)

max16011508_TP_V

魅力的な海外FXのハイレバ取引を活用しよう

いかがでしたでしょうか。国内FX業者は最大レバレッジ25倍、海外FX業者はレバレッジ100倍や400倍、それ以上も取引が可能な業者があります。

少ない証拠金で資金の効率を上げられたい方には海外FXのハイレバ取引は非常に魅力的です。また、ハイレバ取引のリスク回避のために「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者を選ぶことも重要であることもわかりましたね。

海外FXは追証ない?ゼロカットシステムとは

海外FXについて調べていると「ゼロカットシステム」というキーワードが出てきます。「海外FX口座はゼロカットシステムで安心!」等の広告を見られたことのある方もいらっしゃるでしょう。

今回はこの日本のFX業者にはない海外FX業者独自のシステム「ゼロカットシステム」について解説させていただきます。

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

FXをするなら必読!恐ろしい「追証」とは?

「追証(おいしょう)」とは、その名の通りで「追加の証拠金」のことです。FX業者がトレーダーに対して「追加で証拠金を払ってください」とアラートなどで通知をしてきます。

それでは、証拠金を追加しなければならない事態はどんなときでしょうか。答えは簡単で、為替の変動によってトレーダーがFX業者に入金している証拠金の維持率を割ってしまう場合、もしくはマイナスになってしまったときです。

通常であれば、FX業者には「ロスカット」といって、一定の証拠金を上回る損失が出た場合(証拠金の維持率がFX業者の定める範囲を下回った場合)に強制的にトレーダーの保持しているポジションを決済して、取引を終わらせます

しかしながら、FX業者のシステムが麻痺や停止する可能性があることを頭にいれておかなければなりません。そういったシステム停止・麻痺のあった最近の大きな出来事では、記憶に新しい2008年のリーマンショック、日本国内で言えば2011年の東日本大震災があげられます。

世界的に大きく為替変動が起きるような事態が発生してしまうと、FX業者のシステムには注文が殺到し、システム自体が停止・麻痺状態になりロスカットも作用せず、日本のFX業者の場合ですと、マイナスの証拠金の状態になってしまう可能性もありますね。

そして、マイナス分の証拠金はトレーダーの「債務」として「追証(おいしょう)」の支払いをしなければなりません。つまりは「トレーダーの借金」となるわけです。

MAX86_ugegege20150207110830_TP_V

特にFXの場合はレバレッジをきかせて、自身で入金した証拠金から最大25倍の取引ができるようになっていますので、マイナス分を考えると取引の分量によってはかなりの金額になります

海外FX業者は「追証」ゼロ?!

国内のFX業者では当たり前のこの「追証」制度。しかしながら、海外のFX業者はこの恐ろしい「追証」なしのところがほとんどです。

その代わりに「ゼロカットシステム」といって、トレーダーが出した損失(マイナス分)の残高をなんと「0」に戻すという処置を実施しています。

つまりは日本国内の業者は、システムがたとえ正常に動作していなくてもマイナス分はトレーダーの債務とするのに対して、「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者は、トレーダーに債務を負わせることなく、マイナス分は全て「0」にするというトレーダーにとっては安心のシステムをとっているのです。

もちろん、「0」になるのですからトレーダーがFX業者へ入金していた証拠金は全て損失となります。しかしながら、マイナスになって借金になる日本国内のFX口座と違って、損失分=入金分のみとなるので、トレーダーにとっては安心して取引ができると言えますね。

「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者としては、

などがあります。

MAX87_batuwotukuttagaijin20140531_TP_V

海外FX業者の「ゼロカットシステム」は安心!

いかがでしたでしょうか。国内FX業者では一般的な「追証」ですが、海外FX業者はその「追証」がゼロのところがほとんどです。特にハイレバレッジで取引をおこなうことのできる海外FX業者を選ぶ上では、「ゼロカットシステム」がある信頼できる業者を選ぶことが大事になりますね。

ボーナスが超豊富!海外FXの大きなメリットを解説

日本国内のFX業者を選ぶときでも、「せっかく口座を開設するならば」ということで、口座開設のときのキャッシュバックなどの特典を確認される方も多いですよね。例えば日本国内のFX業者でよく聞くのが、「口座開設と初回入金10万円以上で1万円キャッシュバック」等です。

これに対して海外のFX業者は口座開設のときの特典に加えて、なんと「取引ボーナス」や「入金ボーナス」等があり、トレーダーの資金をなんとFX業者が増やしてくれます

今回はそんな海外FX業者の魅力的で多様な各種ボーナス制度について解説していきましょう。

PAK65_chikyuugitohon_TP_V

そもそもなんでボーナス制度があるの?

海外FX業者がトレーダーに対して様々なボーナスを出す理由としては、トレーダーに長くトレードしてもらったほうがFX業者に利益がでるためです。

その理由に関しては、海外FX業者がNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式といって、日本のFX業者のように、FX業者のディーリングデスクを介さずに、直接トレーダーとプライスの提供元(例えば金融機関やプライムブローカーなど)で取引をおこなう方式を主流としていることにあります。

NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式はFX業者のディーリングデスクを通さないため、いわゆる業者のノミ行為はできなくなりますので、トレーダーは公平な取引をすることができるのです。

NDD方式についてはこちらの記事でも詳しくご紹介!

ECN口座って?海外FXならではの取引方法を詳しく解説

そのため海外FX業者の利益は取引のときに発生するスプレッドのみとなっています。そしてこのスプレッドが国内FX業者よりも広く取られていますので、海外FX業者がそこからの利益を多く発生させるためにはトレーダーに長く取引してもらったほうが良いですよね。

海外FX業者の魅力的なボーナス制度をご紹介!

さて、ここからは実際の海外FX業者のボーナス制度を具体的にご紹介していきます。日本のFX業者を利用している方からすると、とても魅力的な内容ですね。

max16011528-2_TP_V

海外FX業者のボーナス①新規口座開設ボーナス

新しくFX口座を開設するときに発生するボーナスです。こちらは、日本のFX業者でもやっているところが多いですね。ただし日本のFX業者の場合だと、「初回入金10万円」以上等の「ボーナス付与条件」が付いてくる場合があります。

しかしながら海外FX業者の場合であれば、口座を開設した後に入金しなくても獲得できる場合がほとんどです。

例えば海外FX業者で一番人気の「XM」は1円も入金せずとも3,000円が口座開設時にもらえます。決して高額ではありませんが、レバレッジの高い海外FX業者での初めての取引はこのボーナスで実施してみても良いですね。

海外FX業者のレバレッジについての記事はこちら

ハイレバ取引は海外FX最大の魅力!ハイレバ取引のメリット一覧

海外FX業者のボーナス②入金ボーナス

入金ボーナスはその名のとおり、口座に資金を入金したときに付与されるボーナスです。しかも初回入金だけでなく、入金するごとにボーナス限度額まで貰えます。日本のFX業者にはない特典ですね。これもトレーダーの継続的取引で利益を出している海外FX業者ならではです。

先ほどご紹介した人気No.1の海外FX業者「XM」はなんど500ドルに対して100%の500ドルの入金ボーナスがもらえます。1ドル100円としたら、5万円入金で5万円ボーナスと言うのは日本のFX業者ではありえない金額ですね。つまり5万円入金したら、2倍の証拠金10万円で取引ができるようになります。(※2016年5月現在)

ただしボーナス引き出しの時には条件有

魅力的なボーナス制度ですが、「じゃあボーナス貰ったらすぐに引き出せば丸儲け!」と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。そうなってしまうと海外のFX業者は潰れてしまいます。

そのために海外FX業者ごとにボーナスを現金化するときには「引き出し条件」を設けているのです。引き出し条件は各FX業者によって異なりますので事前に確認してから口座開設したほうがよさそうです。

max16011508_TP_V

やっぱりボーナス制度は魅力的!

いかがでしたでしょうか。海外FX業者のボーナスはとても魅力的です。ただ最後にもご紹介したとおり、ボーナス引き出しのためには例えば「○円以上の取引」等の条件がつきますので注意しましょう。