ECN口座って?海外FXならではの取引方法を詳しく解説

海外FXと国内FX徹底比較!どっちが優れているのか。の記事でもご紹介させていただいたとおり、海外FX業者と国内FX業者は取引方法に大きな違いがあります。

そしてより透明性の高い取引をおこなえるのは、海外FX業者です。

今回は海外FX業者ならではの取引方法を詳しく解説します。

NOU86_tokainonagame_TP_V

海外FXの注文処理方法は「NDD」方式!

為替を売り買いするとき、トレーダーは使用しているFX業者の注文画面で「買い」または「売り」の注文(オーダー)を出します。実はそのときの注文処理の方法が2通りあることをご存知でしょうか。

「DD方式」と「NDD」方式って?

まず日本のFX業者は主にディーリングデスク方式「DD方式」を採用しており、対して海外FX業者はノーディーリングデスク方式「NDD方式」です。

ディーリングデスクとはつまりはFX業者のことで、実は国内FX業者で取引をするときに、トレーダーはFX業者に一度注文を出していることになります。間に仲介業者がいるイメージですね。

対して海外FX業者はこうした仲介業者無しで、トレーダーの注文の全てを即時インターバンクへ出します

既にお気づきかと思いますが、国内FX業者の場合、間に仲介が入るということはFX業者の裁量でトレーダーが損をしてしまうことがあるということです。

国内FX業者はスプレッドの狭さを売りにしているところもありますが、DD方式を採用している限り、俗に言う「ストップ狩り」や「リクオート」といったことも発生しやすくなってしまいます。

NDD方式の場合は、頭に「ノー」と付くぐらいですから仲介のディーリングデスクがいません。DD方式で心配されるFX業者の「ストップ狩り」や「リクオート」なども一切発生する心配がなくなります。

「DD方式」と「NDD」方式はどっちがいいの?

トレーダーにとってDD方式とNDD方式、どちらの注文処理方法が利益を出しやすく透明性が高い取引ができるかは明白ですね。もちろん「NDD方式」です

max16011508_TP_V

海外FXは「ECN口座」での取引がおすすめ

海外FX業者のNDD方式での注文処理方法に関連して、「ECN口座」での取引があります。「Electronic Communications Network」を略して「ECN」。詳しく解説していきましょう。

「ECN口座」って?

ECNは日本語で「電子取引所」という意味です。日本国内では主に株式投資でこの取引方法を採用していますね。

トレーダーやその他ファンド、銀行またはFXのブローカー等がその「電子取引所」という場所でお互いに注文を出し合ってネット上で直接売買を行います。為替を売買したいトレーダーなどが1つの場所に集まって、オークションをしているようなイメージですね。

ECN口座の最大のメリットとしては、DD方式のように間にFX業者を介さず、電子取引所の参加者同士で直接取引によって透明性の高い取引ができることです。

「ECN口座」のメリットは他にもあった!

透明性の高い取引になるECN口座ですが、実は他にもメリットがあります。

メリット①スプレッドが極狭!

まずは海外FX業者で設定されているスプレッドが非常に狭いということです。電子取引所に集まった参加者同士が取引をするわけですから、通常のFX口座での取引と違いFX業者の利益がプラスされたスプレッドが反映されず、インターバンクから直結のスプレッドでの取引が可能となっています。

メリット②リクオート無し

ECN口座では電子取引所に集まった参加者同士の合意で注文が約定します。DD方式の場合は状況によってFX業者にリクオートされる心配がありますが、ECN口座の場合は参加者同士の直接売買になるので、約定拒否(リクオート)がなくなるということです。

「ECN口座」にデメリットはないの?

トレーダーにとっては良いことずくめの「ECN口座」ですが注意点ももちろんあります。メリットでも紹介したスプレッドが極狭ということはFX業者はどこから利益をだしているのでしょう。その答えは「取引手数料」です。FX業者はトレーダーがECN口座で取引をするときに、スプレッドと取引手数料で利益をだしています。取引手数料が安い業者を選ぶことでトレーダーの利益が変わっていきそうですね。

max16011542-2_TP_V

海外FXは透明性の高い取引方法を採用している!

いかがでしたでしょうか。海外FX業者は国内FX業者よりもよりトレーダーにとってメリットの多い注文方法、処理方法を採用していることがわかりましたね。

海外FX業者のメリットについてはこちらの記事もおすすめです。

ボーナスが超豊富!海外FXの大きなメリットを解説

海外FXと国内FX徹底比較!どっちが優れているのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です