海外FXって危険じゃない?安全性について徹底討論

スーパーマーケットで買い物をするときに、「国産」の野菜と「海外産」の野菜が同じ値段で売られていたら、ほとんどの人が国産を選んでいます。ただし、「海外産」のものは「国産」より安いことも多く、安さをとるか、「国産」の安心安全をとるかで迷ってしまう場面もありますよね。

ELFA85_papurika_TP_V

FXの場合も、安全だからという理由で国内業者を選んでいる方もいます。しかしながら、海外FX業者の高いレバレッジ設定やボーナスは魅力的です。海外FX業者は「危険」というイメージを持たれがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。詳しく調べてみました。

海外FX業者は「無登録」だから取引してはいけない?

出金ができないって噂は本当か。海外FXの気になるとこ教えます の記事でもお伝えしましたが、ズバリ海外FX業者で詐欺業者は実在します。そして実際の被害も報告されているのが現状です。

また、海外FX業者に対する日本の金融庁の取り締まりは年々厳しくなっており、海外FX業者が日本の「金融商品取引法に基づく登録」に登録していなければ、全て無許可業者として注意喚起を促しています

金融庁ホームページ参照・・無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

金融庁のHPには「無登録業者」の一覧が掲載されていますが、ここでの無登録業者については実は2種類あるのです。

  • 海外(他国)の金融ライセンスを取得しているが、日本国内の登録はない業者
  • 海外(他国)の金融ライセンスも取得しておらず、日本国内の登録もない業者

日本国内でのFX取引はレバレッジ規制がかかってから法人口座以外での取引はのレバレッジは最大で25倍になりました。これに対して、海外のFX業者は25倍以上のレバレッジの取引が可能になっています。

つまり高いレバレッジでの取引が可能になっている海外FX業者は日本国内ではレバレッジを25倍に規制しなければ「金融商品取引法に基づく登録」はできません。

優良な海外FX業者であっても日本国内では「無登録業者」となってしまうのが現状です。そこで、海外FX業者が優良業者か詐欺業者かどうかを見分けるポイントとしてはまずは、「他国の金融ライセンスがあるかどうか」が大きなポイントとなります。

例えば、当サイトの他の記事でも紹介させていただいている「XM」(海外FX業者で一番人気)はイギリス連邦加盟国であるキプロス共和国のキプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、国際ブローカーの「AXIORY(アキシンオリー)」もベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)で認可されていますね。

どこの国のライセンスも持っていない「無登録業者」と取引をすることは詐欺にあってしまう可能性が高くなります。海外FXはきちんとした業者選びをするところからも、取引の安全度が変わってくると言えますね。

max16011508-2_TP_V

海外FX業者は「信託保全」がない?

FX取引における「信託保全」とは、簡単に言うと万が一FX業者が倒産や破綻してしまった場合にトレーダーの資金の安全を保証することです。

日本国内のFX業者にはこの「信託保全」が義務化されており、FX業者に万が一があっても、FX業者の資産とは別に、トレーダーの預け入れた資金は信託銀行に預け入れられていますので信託銀行を通して、トレーダーは資金の補償を受けることができるようになっています。

こういった安全面をメリットとして国内のFX業者を選ぶ方もいらっしゃいますね。

ここでのポイントは海外のFX業者には、この「信託保全」が義務化されていません。業者によっては上限金額を設定して、トレーダーの資金を補償してくれるところもありますが、全ての業者がそうではないことを覚えておきましょう。

例えば、海外FX業者で一番人気の「XM」の場合は最大20,000ユーロまで、国際ブローカーの「AXIORY(アキシンオリー)」は資産全額が補償対象となっています(注意点・運用利益や未決済に係る評価益は、補償の対象外)。

海外FX業者を選ぶ過程では、業者ごとの補償制度も詳しく見る必要がありますね。

海外FX業者は「出金できない」?

前々項で書かせていただいたとおり、海外FX業者の中には詐欺業者は存在します。よってFXで儲けた利益の出金トラブルは業者の選び方によっては発生してしまうでしょう。

しかしながら、海外FXの優良業者であっても「出金できない!」とトラブルになってしまうこともあります。ただ、そういった優良業者とのトラブルは、トレーダー側の「勘違い」や「理解不足」に起因していることがほとんどです。海外FXは業者ごとのルールや海外FXの特徴を知っておくことが必要になります。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

出金ができないって噂は本当か。海外FXの気になるとこ教えます 

max16011542-2_TP_V

海外FXは「危険」?

いかがでしたでしょうか。魅力的な海外FXですが、日本の金融庁のホームページでの注意喚起や詐欺業者、信託保全がない業者がある等、「危険」と言える場合も多く存在します

ただし、正しく業者を選んでリスク回避を怠らなければ、決して「危険」ばかりではないとも言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です