ハイレバ取引は海外FX最大の魅力!ハイレバ取引のメリット一覧

国内のFX個人取引でレバレッジが25倍に規制されてから、高いレバレッジでの取引ができる海外FX業者の利用に注目が集まるようになりました。

日本国内の規制を大きく上回る100倍、500倍といった取引が可能になっている海外FX業者。

今回は海外FX業者で可能なハイレバレッジ取引の魅力とメリットについてご紹介させていただきます。

max16011508-2_TP_V

国内FX業者で取引すると?

海外FX業者のハイレバ取引の説明の前に、まずは現在日本国内のFX業者で取引した場合、どのようになっているのか、資金が増やせるのかということについて触れてみましょう。

現在日本のFX業者の個人取引に対するレバレッジ規制は最大25倍となっています。(※国内FX業者でも法人口座の場合は規制の対象外)

例えば1ドル100円として、レバレッジ25倍で1万通貨のポジションを持つためには4万円の証拠金をFX口座に入金しておかなければなりません。簡単に計算すると、1万通貨で約1円(100pips)動けば、約1万円の損益が発生することになります。

PPC_1manensatu4mai_TP_V

ただし、短時間で100pips動くということは経済指標のサプライズや有事のとき以外は滅多にあることではありません。もっと幅の狭い値動きで多くを稼ごうと考えるならば、その分証拠金も追加する必要があります。

10pipsの値動きで1万円稼ぎたいと考えるならば、10万通貨での取引で証拠金は10倍になりますので40万円必要です。40万円といえばちょっと簡単にポンと出せる金額ではないですし、特にFX初心者にとってはいきなり口座に40万円も入れるのは万が一を考えて躊躇してしまいますね。

海外FX業者で取引した場合は?

国内のFX業者はレバレッジ規制の対象となり、個人取引は最大25倍のレバレッジ。証拠金が少なければその分しか取引はできませんし、利益も限られてきます

対して海外FX業者は日本国内の規制を受けませんので、数百倍といったレバレッジで取引が可能です。つまりは少ない資金で大きな取引(ハイレバ取引)ができるということですね。

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

また、海外FX業者は追加証拠金がなしになる「ゼロカットシステム」を採用しているところがほとんどですので、相場の急変によって証拠金がマイナスになるという事態もありません。

「ゼロカットシステム」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

海外FXは追証ない?ゼロカットシステムとは

海外FXのハイレバ取引のメリット

それでは早速海外FX業者のハイレバ取引のメリットについてご紹介していきましょう。

メリット①少ない証拠金で取引できる!

1ドル100円としたときに、1万通貨を売買するためには国内FX業者のレバレッジ25倍を最大使ったとしても証拠金は4万円必要です。

対して海外FX業者の場合、25倍以上のレバレッジをかけることが可能になるためもっと少ない証拠金で1万通貨が売買できるようになります。例えばレバレッジ100倍の場合で計算すると、証拠金は1万円になりますね。

メリット②ハイレバのほうが稼ぎやすい!

海外FX業者の場合ハイレバのおかげで必要証拠金が少なくなることが分かりましたが、実はハイレバ取引のほうが利益をだしやすくなります。

どういうことかというと、例えば1ドル100円でトレーダーの資金が10万円だったとしましょう。レバレッジ25倍の国内FX業者で取引をした場合、リスクも考えて1~2万通貨の取引が上限になります。

1万通貨だと100pips(約1円)為替が動かないと1万円稼ぐことはできません

海外FX業者で400倍のレバレッジで取引ができたとするとどうでしょうか。トレーダーの資金が10万円の場合、1ドル100円で最大40万通貨の取引が可能になります。リスクを考えて10万通貨でトレードしたとしても、海外FXの場合は10pips(0.1円)の動きで1万円稼ぐことができますね。

海外FXのハイレバ取引のおかげで資金の効率がよくなり、より稼げる機会も増えそうです。(ただしその逆もあることについては注意が必要ですね。)

max16011508_TP_V

魅力的な海外FXのハイレバ取引を活用しよう

いかがでしたでしょうか。国内FX業者は最大レバレッジ25倍、海外FX業者はレバレッジ100倍や400倍、それ以上も取引が可能な業者があります。

少ない証拠金で資金の効率を上げられたい方には海外FXのハイレバ取引は非常に魅力的です。また、ハイレバ取引のリスク回避のために「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者を選ぶことも重要であることもわかりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です